Interview

Interview

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. ストレングスファインダーに出会って自分の人生が変わった。きっかけは自分の価値観を知ることだった。

岡崎 茂和 さん

ストレングスファインダーに出会って自分の人生が変わった。きっかけは自分の価値観を知ることだった。

企業研修講師の岡崎さんは、コミュニケーションをテーマに、ストレングスファインダーを活用している。元々パーソナルコーチであり、人に共感する事、人を育成する事が好きなので、彼の研修スタイルは、一方的な授業スタイルではなく、より受講生の考えを引き出すロールプレイ型だ。「相手の考えを引き出していくと、自分自身も多くの気付きが生まれるんです。」特にその引き出す手法の中でも、活用するのがストレングスファインダー。単なるアクティビティをやるよりも、ストレングスを交えた方が、不思議と相互理解が深まるし、信頼関係の強いチームが作られるんです。」という岡崎さん。彼がストレングスファインダーに出会って、大きく人生が変わったと言う経験をインタビューした。
ご自身の子供の頃や学生時代について教えて下さい。
小学校時代ですが、一番仲の良かった友達と些細なことから喧嘩して、仲間はずれにされた事があります。原因は、遊びの人数の問題で、その友達を中に入れなかったからなのですが、その次の日から仲良しグループから締め出しを食らいました。今にして思えば、大した事ない話なんですが、その時はあまりのショックで、泣きながら、他のグループに入れてもらいました。勿論、子供なので、直ぐに解決して、また仲良くなったんですが。でも、親友から仲間はずれにされたという恐怖は、かなり残っていて、余計なことを言ったり、したりすれば、また仲間はずれにされるのでは?と思ってしまい、人と深く付き合えなくなりました。社会人になってからは、より一層、その気持ちが大きくなり、会社に行くたびに、極度の緊張を感じてしまい、自分の居場所がないと感じるようになる事もありました。ちなみに、僕はこれまで14回転職しています。本当に、対人恐怖症なのかと思いました。そのくらい人に関わるのが怖かった。そんな自分が嫌で、自分の自信のなさを克服したいと思っていたときに出会ったのが、ストレングスファインダーでした。私が持つ「親密性」(自分に近しい人と深い関係性を築く。)を学んだときに、自分自身が何者なのか、ようやく分かった気がしました。振り返れば、学生時代にやっていたボランティア活動の中で仲間と過ごした思い出とか、家族みんなが集まる時間とか、同じ志を持って過ごす仲間との活動とか、自分にとって心地よいと感じる瞬間は、決まって人と過ごす時間だったんです。その親密性をもつ自分が、よりによって人と深く繋がることを拒んでいたなんて。「ああ自分は、本当は人が大好きで、人と深く繋がりたかったんだ。」とと気付き、とても心が軽くなりました。それからです。自分の事が少しずつ好きになってきたし、他の人との関わり方にも変化が起きたのは。これまで、自分に自信をつけるために、無理やり多くの人と出会おうとして来ましたが、それを辞め、自分が本当に関わりたいと思う人、大切に思う人に多くの時間を費やす事が出来るようになったんです。良い意味で、自分自身に、時間と人との付き合い方を教えてくれたのが、ストレングスファインダーだったんです。
ストレングスに出会う前と後では、どう考え方や生き方に影響がありましたか?
昔は人との関係性が上手く作れなかったことで、自分に対して自信を失っていました。だから、無理やりにでも、多くの人とコミュニケーション取ろうと頑張っていましたが、ストレングスとの出会いは、まさに衝撃的でした。「今の自分を否定するな、無理に変えるな、今の自分を受け入れた上で、どう生きるべきかを考えろ。」このストレングスの考え方は、私に、生きる道を与えてくれました。ストレングスファインダーを通して自己理解を深めていくうちに、自分は人間関係が苦手というよりも、「好きな人や大切な人と深く付き合っていくことに価値を感じている」だけだと気づきました。その自分の価値観に気づけたときに、人との付き合いが楽になりました。それからは「自分の大切にしたい価値観って何だろう?」ということをよく考えるようになりました。その中で、「私は、大切な人と、好きな場所で、好きな仕事をしながら生きていたい。」そう思うようになりました。人間関係をより良くさせたいと勉強しに通っていたコーチングスクールで、今の奧さんに出会いました。彼女と過ごす時間がとても居心地よく感じられ、自然と付き合うようになり、1年後に結婚しました。学生時代まで奈良で過ごしていたので、ずっと海の側に住んでみたかった私は、便利だった都内での生活を捨て、江ノ島に引っ越すことにしました。自分が心地よいと感じる環境に身を置きたかったんです。お陰で当時は、会社への通勤時間が、3倍に増えましたけど。でも、毎日が楽しくなった。そして、独立。もっと自由に働けて、自分の持っている価値を最大限活用できる仕事ができるようになりたいと思って研修講師として独立をしました。自分の価値観と向き合うことで、以前と比べて、自分の可能性に目を向け、素直に行動ができるようになったのかなと思っています。自分の価値観を知るには、ストレングスは最高のツールです。
今後の自分のビジネスや生き方について教えてください。
もっともっと自分の好きなことをやっていきたいと考えています。妻とも話をしているのですが、将来的には海外で暮らしたいです。ビジネスでは、企業研修に加えて、個人向けのサービスを提供していきたいと考えています。内容はストレングスファインダーやコーチングを活用して、自分の価値観に沿った生き方ができるようなコンテンツを提供していきたいです。私自身が、ストレングスを学ぶことで、自分を抑圧しながら生きていた状態から、自分の価値観と向き合って好きなことを選択できるようになったので。きっと同じようなことで悩んでいる方が、世の中には沢山いるんじゃないかと思っています。なので、一人でも多くの方が、自分の価値観に沿った生き方ができるようにサポートしていきたいです。
岡崎茂和
インタビューを受けた方
岡崎茂和
プロフィールの詳細は追加予定です。